浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

銀座 大和田 浦和店

Facebookのうなぎ愛好会の仲間が、うなぎが食べたくて頭の中がうなぎでいっぱいなんて書いてるのを読んで、俺も朝っぱらから頭の中は鰻でパンパンに腫れあがっちゃいました(^^;;

今日は運良く?カミさんが趣味でやってるソフトバレーの試合。朝から出掛けてます。そうだ!昼飯はこっそりと鰻を食べに行こう(^_^)v

そんなんで伺ったのは、家から一番近いかな?『銀座 大和田 浦和店』。

ここは以前はもっと近くに住んでたんで、ちょこちょこ出前をお願いしてたんだけど、最近はご無沙汰してました。

自転車で来たんで、まずはノンアルで乾杯しながらお品書きを眺めます。

けっこういろんな料理をやってるんだ〜!なんて思いながら、今日はアルコール無しだから、うな重の特をお願いします。ノンアル飲みながら出てくるうなぎを想像して、ワクワクしながら楽しい時間を過ごします。

店内は小綺麗だしBGMはお正月気分のちょっと贅沢ないい雰囲気(^-^)


待つこと30分程。やってきました!お待ちかねのうな重‼︎

うぅ〜ん いい感じ!

甘口だけどサッパリしたタレに、しっかり蒸しの入った柔らかふっくら鰻。やっぱ美味いよね〜。ふた口ほど頂いてから、テーブル脇に置いてあるタレを少々、山椒をタップリかけて一気に頂きます!美味い‼︎ いつもだいたいそうなんだけど、お重が空になる頃になって、お吸い物やお新香に手をつけてないことに気がついて、最後の方に慌ててバランスをとります(~_~;)

ちなみに、ご飯は大盛りにしても値段は変わらずと言うことで当然大盛りにしてもらいました。

支払いの時、税込みで3974円に対して5000円札を出すと、お釣りが1026円のはずなのに、お礼と説明と共に手渡されたお釣りは1030円。俺だけかもしれないけど、うなぎを食べた後の満足感に浸ってる時に、こうゆう細かい気遣いってとっても嬉しい。贅沢な心持ちの時に小銭をジャラジャラ渡されると、瞬時に現実の世界に戻っちゃうようで...

そんなこんなで、お腹も心もしっかり大満足なご馳走さまでした(#^.^#)



最後まで読んで頂いてありがとうございます!宜しかったら下のバナーのクリックをお願いします(^-^)

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。