浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

2017 初うなぎキャンプは土用亭で(^^)/

1月7日〜9日(成人の日)の3連休を利用して、今年最初の「うなぎキャンプ」に行ってきました。

「うなぎキャンプ」って言うのは俺が勝手に造った言葉なんだけど、キャンプ途中にスーパーで買った安いうなぎを使って、うなぎの炊き込みご飯を作って食べたり、その地域のうなぎ屋さんで美味しく食事をしたり。

カミさんが好きで出掛けるキャンプを、うなぎ好きの俺も楽しむ為に考えた新しいキャンプなんです!










今回のキャンプ地は栃木県鹿沼市の出会いの森オートキャンプ場です。

キャンプ場隣りのBBQ広場で、毎年1月の前半(本来は1月15日の小正月)に「どんど焼き」が行なわれるんで、今年で3回目の参加になります。


うなぎブログなのにキャンプの話しが長くなっちゃってごめんなさい🙇


今回の「うなぎキャンプ」は、2日目の1月9日に鹿沼市近辺のうなぎ屋さんで食事をするつもりで来ました(^-^)


さて、何処に行こうか?

鰻友達で、俺の鰻の先輩でもある『うなぎ大すき』(同名のうなぎサイトを運営なさっている方です)さんとのやり取りで、ちょうど1年前に伺った「土用亭」さんを思い出し、決定しました!






このお店は、普通に食事に来るお客さん用の建物と、宴会や団体客用の建物とがある大きな店で、当然 駐車場もかなり広めです。


初めて伺った時は、スマホのサイトで若い女将さんが運営しているホームページを観て伺いました。

店内で出迎えて下さった女性が、ホームページで観た女将さんだと思い、着席と同時に確認すると、女将さんのお姉さんとの事。その日は女将さんはお休みだったらしいんですが、あんまりそっくりなんでビックリしたのを覚えています。


今回席まで案内してくれたのも女将のお姉さん。前回の事をお話しすると覚えていてくれました(*'▽'*)






普段通りにビールを飲みながらメニューを眺めていると、女将さんが挨拶に来てくれました!ホームページでは顔を見てるし、お姉さんとは良く似ているし、こっちは初対面の気がしなくて、勝手に親近感が湧いてしまいます(^^;;


面白いメニューがいろいろとあるし、家族連れでも食事に来やすいお手頃な価格設定。

女将さんとお姉さんとの二人三脚。

みんなで頑張っているのが伝わってくる、本当に気持ちのいいお店です(^-^)








肝煮、肝焼きに大好物のう巻きを食べながらメインの登場を待ちます。


次男はうな重。

俺とカミさんは関東風櫃まぶし。






美味そうでしょ?


美味しいんです!


柔らかく蒸されたうなぎの旨さがフワっと広がって、サラサラっと溶けていきます。

味といい、値段といい、お店で働く人達の気持ち良さといい大満足のご馳走さまでした。





去年もそうでしたが、お会計の時に干支飴を頂いて、又食べに来ることを約束して帰りました(^-^)


それから僅か10日程経った19日。

仕事の配達で鹿沼市内の現場へ。しかも時間はちょうどお昼。








と言うことで、再会の約束を早々に果たすことが出来ました!





女将さんともすっかり仲良くさせて頂いて、本当に気持ちのいい、大満足のご馳走さまでした(((o(*゚▽゚*)o)))♡



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。