浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

うな重を自分で作ってみました(^^)v

ブログを書くのが遅くなっちゃいましたが、3月25日(土)にうな重を自分で作っちゃいました\(//∇//)\

偉そうに言っちゃってますが、簡単に言えば体験企画なんです!

Facebookの「うなぎ愛好会」を通じて知り合って、仲良くさせて頂いてる俺の師匠である『うなぎ大すき』さん(うなぎ専門サイト うなぎ大すきドットコム unagi-daisuki.comの運営管理者)から誘ってもらっての参加になりました。

1カ月以上前からドキドキ、ワクワク(*´∀`*)


当日はお世話になる「大塚うなぎ宮川」さんへ1番乗り‼︎




店内でしばらく待たせて頂いているうちに、次々と参加者が到着してきます。実はこの日の参加者は7人なんですが、そのうち6人は友達なんです(#^.^#)

もう1人の方もうなぎが大好きな方だったんですぐに仲良し!「世界に広げよう鰻友の輪‼︎」♪(v^_^)v



メンバーが揃ったところでこれからの手順や注意事項などの説明を受けます。

若旦那は見るからに優しそうだし、若女将は美人で可愛らしい!こんなお2人を見て、緊張感が少し和らぎます(^-^)






調理場と立て場で優しく説明を受けながらいよいよ体験開始です!

*当日調理させて頂いたうなぎや、立て場他の専門的な説明は、前述した『うなぎ大すき』さんのブログをご覧になって下さい。俺は美味しく食べるのが専門なものでm(_ _)m



流石に割きは若旦那にお願い(日本養殖新聞の編集長さんはご自分でΣ(゚д゚lll)して、串打ちからチャレンジです!





若旦那の実演を見て、串が刺さらないように指ぬき?をして挑戦です。

今までもカウンター席で食事をしながら調理をするところは見ていたし、仲良くさせてもらっているうなぎ屋さんの旦那さんにも説明を聞いたりしてたんで、串打ちはなんとかなるだろうと思っていました。

んがっ!しかしっ!

まあ難しい(>_<)

とにかく刺さっていかない。力を入れようが串をグリグリしようが...





悪戦苦闘の末なんとか串打ちを終え、若女将に手直しをしてもらいます。


続いて肝焼き作りです!

タレ焼きか塩焼きかを決めて挑戦します。

俺はタレで(#^.^#)





出来立ての肝焼きは温かいうちに頂きました。



自分で串に刺して焼いた肝焼きの美味いこと╰(*´︶`*)╯♡

ただの気持ち悪いオッサンになって一気に食べちゃいました。


肝焼きと平行して蒲焼き作りも進みます。





焼き場は想像してた以上に暑い(熱い)(>_<)

でも楽しい‼︎

そして〜!

いよいよ俺にとってのメインイベント(^^)v


実食です!




美味いなぁ〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡


自分で作ったってゆう気持ちが乗っかってるから、格別な美味さです(^^)




お店から振る舞われた美味しいお酒も頂いて大満足。


最後には何から何までお世話になった若旦那、若女将と感謝の気持ちのツーショット(^^)v




普段当たり前のように美味しく頂いている「うなぎ」。

それを一所懸命調理して下さる「うなぎ屋」さんと、大切な命を頂いている「うなぎ」さんに改めて感謝の気持ちを強くして、本当に大満足のご馳走さまでした╰(*´︶`*)╯♡





「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

幸手市の「鰻勝」で美味しい『うなぎ弁当』╰(*´︶`*)╯♡

去年の10月27日に初めて伺ったお店です(^-^)

埼玉県幸手市は仕事(トラック運転手)でほぼ毎日走ってるんだけど、場所的に走るのはだいたい11時前。俺が見つけたうなぎ屋さんは4軒あって、今までに2軒は伺ってます。


この日は幸手の現場が終わったのが11時半頃。この後の現場も埼玉県南地域のみで件数も少なめ(^^)

うなぎ食べるっきゃないでしょ〜╰(*´︶`*)╯♡


と言う訳で、以前から気になってた「鰻勝」さんへ。







お店の前の駐車場の他に、脇の道を入った所にも第2駐車場があります。

2tロングの俺のトラックなら空いている今なら停められそうですが、迷惑を掛けちゃうと申し訳ないので、脇の道に停車してお弁当をお願いすることにします。


写真でわかりますか?店内への入り口の横に持ち帰り用の窓口があります。

値段は2000円、2500円、3000円の3種類あります。

安いな〜(#^.^#)

でも初めてのお店だし、お小遣いだって決して多い方じゃない俺。2000円のお弁当を1つお願いします!

トラックを停めていることを伝えると、出来上がったら持ってきてくれると言ってくれました。

ワクワクしながら車内で待ちます。この時間がやっぱり楽しい(^^)



待つこと20分くらいだったかな?店主の娘さんらしい綺麗な方がお弁当を持ってきてくれました!








2000円でこんなに立派なうなぎ弁当⁈

蓋を開けてまずビックリ!


うなぎはしっかり蒸しが入ったフワトロの関東風。甘口だけどスッキリしたタレが美味い!

ご飯は硬めが好きな俺も納得の丁度いい感じです。

これで2000円なら何も言うこと有りません(^-^)


これは又食べに来ないと!なんて思ってたんだけど、早々と1か月くらい後に再訪。





今回も2000円のお弁当です!

この時は女将さんがお弁当を持ってきてくれました(^^)


こんな写真をInstagramに投稿していたある日。Instagramにコメントをくれた若い女性がいました。

コメントのやり取りをしていると、ナント!「鰻勝」のお嬢さん∑(゚Д゚)

先日伺った際にお弁当を持ってきてくれた方の妹さんだそうです!


そんなこともあって、年明けの1月12日にまたまた伺って来ました。

今回はお小遣いに少しだけ余裕があったんで、初めて2500円のお弁当をお願いしました!






んっ⁉︎ 弁当箱がプラスチック製から紙製の折り詰めに変わってるぞ!

やっぱり少し豪華な気分(#^.^#)





美味しさはそのままで少し大きな蒲焼き(//∇//)

食べた後の満足感もいつもより大きい様な気がします。


お弁当を持ってきてもらった時に、妹さんとInstagramで知り合いになったことを告げ、今度時間に余裕がある時には、お店でゆっくり食事をしようと心に誓ってのご馳走さまでした(^-^)v



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

2017 初うなぎキャンプは土用亭で(^^)/

1月7日〜9日(成人の日)の3連休を利用して、今年最初の「うなぎキャンプ」に行ってきました。

「うなぎキャンプ」って言うのは俺が勝手に造った言葉なんだけど、キャンプ途中にスーパーで買った安いうなぎを使って、うなぎの炊き込みご飯を作って食べたり、その地域のうなぎ屋さんで美味しく食事をしたり。

カミさんが好きで出掛けるキャンプを、うなぎ好きの俺も楽しむ為に考えた新しいキャンプなんです!










今回のキャンプ地は栃木県鹿沼市の出会いの森オートキャンプ場です。

キャンプ場隣りのBBQ広場で、毎年1月の前半(本来は1月15日の小正月)に「どんど焼き」が行なわれるんで、今年で3回目の参加になります。


うなぎブログなのにキャンプの話しが長くなっちゃってごめんなさい🙇


今回の「うなぎキャンプ」は、2日目の1月9日に鹿沼市近辺のうなぎ屋さんで食事をするつもりで来ました(^-^)


さて、何処に行こうか?

鰻友達で、俺の鰻の先輩でもある『うなぎ大すき』(同名のうなぎサイトを運営なさっている方です)さんとのやり取りで、ちょうど1年前に伺った「土用亭」さんを思い出し、決定しました!






このお店は、普通に食事に来るお客さん用の建物と、宴会や団体客用の建物とがある大きな店で、当然 駐車場もかなり広めです。


初めて伺った時は、スマホのサイトで若い女将さんが運営しているホームページを観て伺いました。

店内で出迎えて下さった女性が、ホームページで観た女将さんだと思い、着席と同時に確認すると、女将さんのお姉さんとの事。その日は女将さんはお休みだったらしいんですが、あんまりそっくりなんでビックリしたのを覚えています。


今回席まで案内してくれたのも女将のお姉さん。前回の事をお話しすると覚えていてくれました(*'▽'*)






普段通りにビールを飲みながらメニューを眺めていると、女将さんが挨拶に来てくれました!ホームページでは顔を見てるし、お姉さんとは良く似ているし、こっちは初対面の気がしなくて、勝手に親近感が湧いてしまいます(^^;;


面白いメニューがいろいろとあるし、家族連れでも食事に来やすいお手頃な価格設定。

女将さんとお姉さんとの二人三脚。

みんなで頑張っているのが伝わってくる、本当に気持ちのいいお店です(^-^)








肝煮、肝焼きに大好物のう巻きを食べながらメインの登場を待ちます。


次男はうな重。

俺とカミさんは関東風櫃まぶし。






美味そうでしょ?


美味しいんです!


柔らかく蒸されたうなぎの旨さがフワっと広がって、サラサラっと溶けていきます。

味といい、値段といい、お店で働く人達の気持ち良さといい大満足のご馳走さまでした。





去年もそうでしたが、お会計の時に干支飴を頂いて、又食べに来ることを約束して帰りました(^-^)


それから僅か10日程経った19日。

仕事の配達で鹿沼市内の現場へ。しかも時間はちょうどお昼。








と言うことで、再会の約束を早々に果たすことが出来ました!





女将さんともすっかり仲良くさせて頂いて、本当に気持ちのいい、大満足のご馳走さまでした(((o(*゚▽゚*)o)))♡



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村