浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

幸手市の「鰻勝」で美味しい『うなぎ弁当』╰(*´︶`*)╯♡

去年の10月27日に初めて伺ったお店です(^-^)

埼玉県幸手市は仕事(トラック運転手)でほぼ毎日走ってるんだけど、場所的に走るのはだいたい11時前。俺が見つけたうなぎ屋さんは4軒あって、今までに2軒は伺ってます。


この日は幸手の現場が終わったのが11時半頃。この後の現場も埼玉県南地域のみで件数も少なめ(^^)

うなぎ食べるっきゃないでしょ〜╰(*´︶`*)╯♡


と言う訳で、以前から気になってた「鰻勝」さんへ。







お店の前の駐車場の他に、脇の道を入った所にも第2駐車場があります。

2tロングの俺のトラックなら空いている今なら停められそうですが、迷惑を掛けちゃうと申し訳ないので、脇の道に停車してお弁当をお願いすることにします。


写真でわかりますか?店内への入り口の横に持ち帰り用の窓口があります。

値段は2000円、2500円、3000円の3種類あります。

安いな〜(#^.^#)

でも初めてのお店だし、お小遣いだって決して多い方じゃない俺。2000円のお弁当を1つお願いします!

トラックを停めていることを伝えると、出来上がったら持ってきてくれると言ってくれました。

ワクワクしながら車内で待ちます。この時間がやっぱり楽しい(^^)



待つこと20分くらいだったかな?店主の娘さんらしい綺麗な方がお弁当を持ってきてくれました!








2000円でこんなに立派なうなぎ弁当⁈

蓋を開けてまずビックリ!


うなぎはしっかり蒸しが入ったフワトロの関東風。甘口だけどスッキリしたタレが美味い!

ご飯は硬めが好きな俺も納得の丁度いい感じです。

これで2000円なら何も言うこと有りません(^-^)


これは又食べに来ないと!なんて思ってたんだけど、早々と1か月くらい後に再訪。





今回も2000円のお弁当です!

この時は女将さんがお弁当を持ってきてくれました(^^)


こんな写真をInstagramに投稿していたある日。Instagramにコメントをくれた若い女性がいました。

コメントのやり取りをしていると、ナント!「鰻勝」のお嬢さん∑(゚Д゚)

先日伺った際にお弁当を持ってきてくれた方の妹さんだそうです!


そんなこともあって、年明けの1月12日にまたまた伺って来ました。

今回はお小遣いに少しだけ余裕があったんで、初めて2500円のお弁当をお願いしました!






んっ⁉︎ 弁当箱がプラスチック製から紙製の折り詰めに変わってるぞ!

やっぱり少し豪華な気分(#^.^#)





美味しさはそのままで少し大きな蒲焼き(//∇//)

食べた後の満足感もいつもより大きい様な気がします。


お弁当を持ってきてもらった時に、妹さんとInstagramで知り合いになったことを告げ、今度時間に余裕がある時には、お店でゆっくり食事をしようと心に誓ってのご馳走さまでした(^-^)v



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

2017 初うなぎキャンプは土用亭で(^^)/

1月7日〜9日(成人の日)の3連休を利用して、今年最初の「うなぎキャンプ」に行ってきました。

「うなぎキャンプ」って言うのは俺が勝手に造った言葉なんだけど、キャンプ途中にスーパーで買った安いうなぎを使って、うなぎの炊き込みご飯を作って食べたり、その地域のうなぎ屋さんで美味しく食事をしたり。

カミさんが好きで出掛けるキャンプを、うなぎ好きの俺も楽しむ為に考えた新しいキャンプなんです!










今回のキャンプ地は栃木県鹿沼市の出会いの森オートキャンプ場です。

キャンプ場隣りのBBQ広場で、毎年1月の前半(本来は1月15日の小正月)に「どんど焼き」が行なわれるんで、今年で3回目の参加になります。


うなぎブログなのにキャンプの話しが長くなっちゃってごめんなさい🙇


今回の「うなぎキャンプ」は、2日目の1月9日に鹿沼市近辺のうなぎ屋さんで食事をするつもりで来ました(^-^)


さて、何処に行こうか?

鰻友達で、俺の鰻の先輩でもある『うなぎ大すき』(同名のうなぎサイトを運営なさっている方です)さんとのやり取りで、ちょうど1年前に伺った「土用亭」さんを思い出し、決定しました!






このお店は、普通に食事に来るお客さん用の建物と、宴会や団体客用の建物とがある大きな店で、当然 駐車場もかなり広めです。


初めて伺った時は、スマホのサイトで若い女将さんが運営しているホームページを観て伺いました。

店内で出迎えて下さった女性が、ホームページで観た女将さんだと思い、着席と同時に確認すると、女将さんのお姉さんとの事。その日は女将さんはお休みだったらしいんですが、あんまりそっくりなんでビックリしたのを覚えています。


今回席まで案内してくれたのも女将のお姉さん。前回の事をお話しすると覚えていてくれました(*'▽'*)






普段通りにビールを飲みながらメニューを眺めていると、女将さんが挨拶に来てくれました!ホームページでは顔を見てるし、お姉さんとは良く似ているし、こっちは初対面の気がしなくて、勝手に親近感が湧いてしまいます(^^;;


面白いメニューがいろいろとあるし、家族連れでも食事に来やすいお手頃な価格設定。

女将さんとお姉さんとの二人三脚。

みんなで頑張っているのが伝わってくる、本当に気持ちのいいお店です(^-^)








肝煮、肝焼きに大好物のう巻きを食べながらメインの登場を待ちます。


次男はうな重。

俺とカミさんは関東風櫃まぶし。






美味そうでしょ?


美味しいんです!


柔らかく蒸されたうなぎの旨さがフワっと広がって、サラサラっと溶けていきます。

味といい、値段といい、お店で働く人達の気持ち良さといい大満足のご馳走さまでした。





去年もそうでしたが、お会計の時に干支飴を頂いて、又食べに来ることを約束して帰りました(^-^)


それから僅か10日程経った19日。

仕事の配達で鹿沼市内の現場へ。しかも時間はちょうどお昼。








と言うことで、再会の約束を早々に果たすことが出来ました!





女将さんともすっかり仲良くさせて頂いて、本当に気持ちのいい、大満足のご馳走さまでした(((o(*゚▽゚*)o)))♡



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

正月休み最終日は「はす沼」さんで(^^)/

1月4日(水)。この日は2017年の正月休み最終日!

次男も休みは今日までだから、明日までお休みのカミさんと3人で美味しい「うなぎ」を食べに行くことに(^-^)


いつもお世話になってる浦和の「和香」さんに電話してみると『水曜日だから定休日なんですよ!新年は明日の5日から営業です。』との事。

うぅ〜ん残念(>_<)


そんな事をFacebookの「うなぎ愛好会」の投稿で呟きつつ、どこに行こうかな〜?と...

そうだ!以前「和香」の旦那さんから話しを聞いていた東浦和の「はす沼」さんにしよう!

と!そこにFacebookの俺のぼやきを見た鰻友で先輩の「うなぎ大すき」さん(うなぎ専門サイト うなぎ大すきドットコム unagi-daisuki.comの運営管理者)から『行くお店決まった〜?』のメールが(*゚∀゚*)

良かったらとお誘いして、わざわざ千葉県柏市から御足労頂くことにm(_ _)m


JR東浦和駅で待ち合わせして、いざ「はす沼」へ‼︎








店内に入ると、先ずはビールで乾杯🍻

「うなぎ大すき」さんと新年のご挨拶!新年早々にお会い出来たことを喜びながらもお互いに気持ちと目線はメニューへと(^^;;



肝焼き


ヒレ焼き


大好物のう巻き




んっ!ここんちのう巻きは面白い。なんて説明したらいいんだろう⁈ お袋の味?

玉子焼きが甘いんですよ!なんか懐かしい味の玉子焼きでうなぎが包まれています(^-^)


皆んなで摘みながら会話も弾みます。「うなぎ大すき」さんとの食事は本当に楽しいんです!

だって鰻のことを何を聞いたって教えて貰えるんだもん(≧∀≦)


そんなこんなで盛り上がっているところに白焼きが登場です!





うん。なかなかいい感じです(^-^)

しっかりと蒸しが入ってますが決して蒸し過ぎではなくて、鰻の旨みがキッチリと味わえます!

フワトロの関東独特の美味さです。


そして真打のお出まし‼︎






うな重 竹です!

こちらも白焼き同様にフワトロの美味しさです(^^)

店主の蓮沼さんは「銀座 大和田 浦和店」で修行されたらしいんで、浦和のうなぎと言うよりは江戸前のうなぎ⁈ いえいえ!しっかり浦和の街に馴染んだ「浦和の味」「浦和のうなぎ」です!


ちなみに「和香」の旦那さん情報ですが、蓮沼さんは鰻の道に入られる前は、なんと自衛隊に勤務なさっていたそうです∑(゚Д゚)

どうりでガッチリとした方だなぁと思ってました。


楽しく美味しい食事を終えて、お会計をしにレジに向かうと...





なんと京極夏彦さんのサイン色紙が!

俺 京極夏彦の小説が大好きで、次男の同級生が京極夏彦のお嬢さんの友達だと聞いていたんで、いつかお会い出来るかな〜なんて思っていましたが、まさかのサインとご対面(^^)v

「うなぎ大すき」さんも京極夏彦の大ファンと言うことで、ますます親近感も湧いちゃいました。

あっ!京極夏彦先生は「はす沼」さんのうなぎのファンらしくて、出前をちょくちょく頼まれるそうです!





最後は「はす沼」のご主人、「うなぎ大すき」さん、「浦和のうなぎ日記」のスリーショットです(^-^)


新年早々、本当に楽しくて美味しい食事を満喫できました。

大満足のご馳走さまでした╰(*´︶`*)╯♡



「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


*ブログに書かせて頂いたお店の方や、そのお店の関係者の方々へ

もし、何らかの理由で記事の削除をご希望の場合は、メッセージ(非公開になっております)でご連絡下さい。理由も教えて頂けると嬉しいです。

ご連絡頂いた場合は、気づき次第削除いたします。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村