浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

さいたま市(旧 与野市) 「相川屋」

先日の日曜日、11月1日にさいたま市中央区にあるうなぎ屋「相川屋」にカミさんと2人で昼飯を食べに行きました。


この店は会社の先輩である相川さんの、本家にあたる(ほとんど付き合いは無いらしいけど)店らしいです。そんなこともあって以前から存在は知ってたけど、家から近いからいつでも行けるって言う安心感や、もっと近所に浦和の有名店が沢山あるってゆう理由から、今まで訪れたことがありませんでした。


店内に入ると、先ずはビールを頼んでお品書きを眺めます。



お昼だしカミさんに運転をお願いしてる都合もあって、あんまりのんびり飲むわけにもいかないんで、肝焼きなどはまたの機会にすることにして、うな重の特上(大き目なうなぎ1匹らしい)を2つ注文。



店内には先客が2組。その後もう1組が来店。

古いけど落ち着いた雰囲気の(BGMは有線の演歌)座敷で、近所の人が嬉しいことでもあった時に利用するのかな?なんて感じの店です。

昼時だからあらかじめ蒸してあるんだろうね。15分もするかしないかでうな重登場!



最初はそのまま頂きます。

うん。俺の地元である浦和のうなぎと同じような

柔らかサラサラ系。カミさん曰く「小骨が少し気になる」って言うのと、泥臭さがちょっとあるかな?って感じだけど、まあこの値段でこの味ならまずまずかな〜 肝吸いの肝も、少しえぐみがあるけど...



食後には柿を出していただき、大満足とはいかない小満足のご馳走さまでした。



最後まで読んで頂いてありがとうございます(^-^)

ご面倒だと思いますが、下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです!よろしくお願いします(^o^)/


にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。