浦和のうなぎ日記

蒲焼き発祥の地としてうなぎが有名な埼玉の浦和で育ったうなぎ大好きオヤジ。大好物の鰻を食べた時の日記代わりのブログです。
うなぎブログ

instagram.com/urawa_unagi/

大門「満寿家」 さいたま市緑区

最近はブログの更新時期が前後したり遅れたりしちゃってごめんなさいm(_ _)m


4月8日(金)の昼飯によったのは、さいたま市緑区の大門にある「満寿家」さんです。この場所はさいたま市緑区と岩槻区や川口市、おまけにすぐ近くには越谷市の地域もあって、俺はてっきり川口市になるのかと思ってました(^^;;

けっこう広い駐車場に立派な店構え。以前から知ってたんだけど、川口市の店と思い込んでいたので伺うのが遅くなっちゃいました(何しろ浦和のうなぎ日記なもんで(~_~;))。


広い駐車場にトラックを停めて店内へ!

お昼少し前だったのでテーブル席には一組で、お座敷にも一組とまだ落ち着いた雰囲気です。メニューを眺めていると若旦那さんかな?物静かな男の人がお茶を持ってきてくれました(^-^)

ブログのことを話し写真の事を聞くと、店の外観や人が映らなければOKですと!








注文のためにお店の方に声を掛けると、先程の若旦那?さんが!





お店のことが紹介されている冊子やコース料理のこと等が書かれた印刷物を持ってきて、親切に説明してくれました(^-^)

聞くと、浦和駅近くにある「満寿家」さんとは全く関係のないお店だそうです。わかりやすく区別するために、印刷物なんかには『大門』の文字をつけているようです。





いよいよお願いしてたうな重の登場です(#^.^#)

肝吸いやお新香の他に、フルーツや小鉢も付いています!

聞けば小鉢はいつでも付く訳ではないようで、他のお客さんの料理なんかの関係で、ある時には出して下さるらしいです。今日はラッキーみたい(≧∇≦)





うな重の値段は重さで決まっているらしくて、俺が頼んだ並のお重でもしっかりと一尾のってます(((o(*゚▽゚*)o)))

お味の方は江戸前のフワサラでタレは甘口。タレには「満寿家」さん独自の個性があります。最近少食になってきた俺には丁度いいご飯の量ですが、若い人なら大盛りをお願いした方がいいかもしれません。上品なうな重とゆう雰囲気です。






食後にはコーヒーまで出されて大満足!


お釣りの一部は「浦和のうなぎを育てる会」の募金箱に入れて、親切にいろいろ教えて下さったお礼と共においとまします。本当にありがとうのご馳走さまでした(^o^)/




「浦和のうなぎ日記」を最後まで読んで頂いてありがとうございます。

*このブログ「浦和のうなぎ日記」に書いてあることは、あくまでも私個人の感想であり、その日の体調や状況によって感想が変わる場合もありますので、その点はご了承ください。


もしご面倒でなければ下の「うなぎ、蒲焼き」のバナーをクリックお願いします(^o^)/

にほんブログ村 グルメブログ うなぎ・蒲焼へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。